« 急きょ | Accueil | BBQ @野比 »

02/05/2010

岡崎監督のバッティング教室

10050249

試合が終わり、打撃教室が行われました。

このために早く球場入りした旭飛。

~小学校2年、小3~小4、小5~小6に分かれました。

運良く、旭飛たちの小2以下のグループには、岡崎監督自ら教えてくれました。

しかも、監督のイキな計らいで、クールダウンしてる選手たちのいるグランドを使わせてくれました。

「選手の周りをダッシュしてこい!」と監督。

選手たちも、「がんばれ~」なんて声かけてくれて、ますますテンションUPの子供たち。

まずは

バッティングの練習に入る前に、監督から、野球の選手になるための心得を教えてくれました。

①野球の練習を一生懸命すること。

②道具を大切にすること。

③コーチや監督、お父さん、お母さん、大人たちの話をきちんと聞くこと。

④あいさつをしっかりすること。

⑤勉強もしっかりすること。

10050256_2

さて、いよいよ旭飛の番。

アカデミーのプラクティスシャツを着て行ったので、

「アカデミーに行ってるんだから、出来るよな?」

なんて、監督に声かけて貰っちゃってます。

「ASAHIって、名前?名字?」って質問されても、

旭飛の頭の中は、ボールを打つことで、いっぱい。

「おーい、質問に答えてくれよ。」なんて言われてる始末。

「名前」とこれまた、そっけなく答えてるし。

10050261

そのことよりも、岡崎監督2,3歩走りこんで打ち込むのがいやらしく、

しかも、「ラスト1球な。ホームラン打って行けよ。」の声掛けに、

「走るのヤダ。走らないで打つ!」と…。態度だけは大物です…。

岡崎監督、

「お、言うな~、旭飛。よし、思いっきり打て!」と、言ってくれましたが…。

最後は「ナイスバッティング。ちゃんとアカデミーのコーチの話聞いて、いっぱい練習しろよ!」と声かけてくれました。

アカデミーでも、野球グランドで練習させてもらってるけど、あこがれの選手たちが使っていたグランドで練習できるなんて、子供でもやっぱりうれしいものなのかしら?

めちゃめちゃ充実した顔をしてました。

また、イベントあったら参加したいね。

|

« 急きょ | Accueil | BBQ @野比 »

子供の遊び場」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




« 急きょ | Accueil | BBQ @野比 »